スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

]ときわの午後
今日はなんだかとっても静かな午後です。051128_1217~01.jpg

今日の清水は晴れのち曇り青空にうっすら雲がういています。

ときわのロビーは今とっても静かな時間がながれています。
そんなロビーには今、私と、そしてもう一人ある有名な方がいます。
それが彼↓です。
来月の出動まではときわにいらっしゃるそうなので、
ぜひこの機会に会いに来てみてはいかがでしょうか(笑)


051128_1227~01.jpg

サンタクロースは、4世紀頃、小アジア(現在のトルコ)のミュラのカトリック教会の司教、セント・ニコラス(聖ニコラス)と言われているそうです。
ニコラスは困っている人や貧しい人を助ける、心優しい聖人だったようです。
ある夜、とても貧しい家族のもとに、その家の煙突から金貨を投げ入れて、家族を救ったのです。
その時、投げ入れられたその金貨はちょうど暖炉のそばに干してあった靴下の中に…。
靴下を下げてプレゼントを待つのは、そんな話からきているようです。司教の僧服の色が赤であることから、サンタクロースも赤い服を着ていて、現在のような白ヒゲ・赤服のイメージが広がったのは、コカ・コーラの宣伝絵からであります。



スポンサーサイト
『おたくは大丈夫でしょうね?』
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!  昨日、お客様よりご予約のお電話をいただいた際に、最近巷をにぎわしている『ビジネスホテル耐震偽造問題』に関して、初めて冒頭の『おたくは大丈夫?』的なご質問をいただきました。まあ、お隣の区で休業されたホテルもあることですし、いわゆる『想定内』ではありましたが、お客様におかれましては、やはりご心配ですよね。
 ご心配なく。ときわに関しましては、地元で最大手?の某建設会社で設計・施工しております。いわゆる『今風のビジホ』に比べると、延べ床面積に対して部屋数は少なめ。お部屋が足りなくて、お得意様にご迷惑をおかけしてしまうケースも少なくありませんが、柱は良い物使ってます!記憶に新しいところでは、昨年の9月頃『津波警報』まで発令された震度4.5位の地震がありましたが、今もって、ぜんぜん大丈夫です。
 ニュースなど拝見してますと、やはり偽造のあったホテルというのは、業界で有名な、あるコンサルティング会社(勿論、アンダーで別の会社がコンサルしてたりするケースもあります。)がコンサルしてそうな、業界で言うところの『○研のホテル』ってやつですね。勿論、施工はほとんどが『○村建設』。『○研のホテル』は全国で300棟以上建ってまして、しかもここ数年の間、加速度的にその数を増やしております。今回の問題はまさに『氷山の一角』!お客様におかれましては、ビジネスホテル選択に関しましてはお気をつけ下さい。

 知り合いからもよく『見分け方』について質問されるのですが、『○研のホテル』は特徴がありまして…。

①壁面は薄茶色
②1Fエントランスは大理石風
③外観壁面の各階に1箇所バルコニー風の出っ張りがある
④焼きたてパンの無料朝食
⑤自動チェックイン機がある
⑥客室カーテンが無く、引き戸式の内雨戸
⑦ここ数年内にオープン

などがあげられます。勿論、①~⑦をたまたま満たしていている優良ホテルさんもありますから、此処から先は休業の発表をされた数店舗のホテルさんの画像等を見ながら、お客様ご自身でお調べください。
まあ、休業したから悪い経営者・スタッフって訳ではないわけですし、業界的にあまりに大きな問題なので、あくまでホテル業界で働く者の私見として、ご参考になさってください。(ホテル業界の組織《全旅連 等》がいくつかありますが、どこも今回の事件に対する公式見解・発表はしてませんしね。)ただ、『お客様の命を預かる商売』でもあるわけですので、今回の事件に、多少なりとも心当たりのあるホテルさんは、自己調査・調査結果の公表をする義務があると思います。

今回は画像のアップは控えさせていただきます。


日本平動物園
日本一
20051122201555.jpg

静岡市には日本平動物園があります。
ほのぼのしていて、おすすめの癒しスポットです
私達も、昔からお世話になっています
ときわからも、お車で30分かからない場所にあります

実は、この動物園には、日本一のシロクマさんがいます
名前を「ピンキー」と言います
何が日本一かというと。。。

このピンキーは、現在、日本中のホッキョクグマの中で一番長生きをしています

ピンキーは、日本平動物園に来てから31年になるそうです。
人間で言えば、おばあちゃんになります。
ピンキーおばあちゃんは大きな病気もなく、健康に暮らしています
みんなのおばあちゃん、いつまでも元気でいてほしいです。

まめまめ知識シロクマは、正確にはホッキョクグマと言います。
ぱんちゃん

ぼくも日本平行きたいよぅ byパンちゃん

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! ときわのエルメス
Mさん ときわの中には、通常皆様に接しているホテル部門の他に、事業部というもう一つの部署があります。主にインターネットのHP作成・各種広告デザインなどを手がけている部署でして、チーフディレクター1名・デザイナー1名・営業担当1名の計3名で切り盛りしています。営業自体は非公式に昨年度から始めておりましたが、今年度より一事業部として独立して営業を開始いたしました。事業部自体のHPは『 女性のための総合情報サイト ewish 』。こうしたHPの性格からか、お客様はヘアースタジオ(美容院)やエステ、ブライダルプランニングの会社など、主に女性向けのサービスを事業とされている企業様や事業主様が多いようです。
 この事業部を支えているのがチーフディレクター『ときわのエルメス』ことM女史。得意先周りからプログラミングまでガンガン仕事してます。最近では朝10時の出社から深夜まで仕事していることも珍しくありません。事務所の一角でお仕事してくれているので、ときわのHPからご予約のお客様でシステム上の不調をお知らせくださるお客様がいると、すぐに彼女に対応してもらってます。迅速に対応してくれるので、HP予約を開始してから2年近くになりますが、今だダブルブッキング等の事故は皆無です。
 ときわのHPのリニューアルもお願いしているのですが、現在は事業部の方のお仕事がオーバーブック気味との事で、後回しにされちゃってます。会社としてはありがたいことなのですが、ホテルをご利用のお客様におかれましては、今しばらくお待ちください。最高にカッコ良くて使い勝手の良いHPにリニューアルいたしますので!

 M女史は凄い美人ですがフロントには出ませんので。念のため…!
あとデザイナーのI君もかなりのイケメンで好青年です。このブログに以前アップした『ラーメンマップ』は彼が作ってくれたんですよ。お願いしてからものの10分かそこらで簡単に作っちゃうところが凄いですね。


Mタソ… (;´Д`)ハァハァ



秋ですね~
ときわの番人

玄関でいつも一番に迎えてくれる木も、すっかり秋らしく紅葉しています
写真では判かりにくいですが、黄から赤にかけてのグラデーションがとってもキレイです。
この前いつも通る道から、ふと山々を見たとき、あまりのキレイさにドキッとしました
いつも通る道もチョット視点を変えると何だか旅行に来たみたいに新鮮でした


あと3時間♪
こんばんは今日も清水は晴れで、日中はとっても暖かでした
しかし!日が暮れると急に涼しくなりますね。
夜は冷えるので皆さん風邪をひかないように暖かな格好でお出掛け下さいね!
 
さてさて、明日11月17日は、ですね!ボジョレー・ヌーボの解禁日
あと数時間♪何だかワクワクしてしまいます
0時を回ってすぐにボジョレー・ヌーボを味わおうと
心待ちにしているのは私達だけではないはず
しかも日本は世界で一番先にコルクを抜けるのです 
なんだか特別な感じですよね

さてさてさて、ぜんぜんワインには興味ないな~。ボジョレーって何?という方
チョット知って、明日の話題にぜひのって下さいね


ボジョレーヌーボーのボジョレー(ボージョレ、ボジョレとも発音)は、”BEAUJOLAIS”= フランスのボジョレ地区、 ヌーボーは”NOUVEAU”=「新しい」という意味です。

ボジョレーヌーボーはフランスのボジョレ地区で今年採れたフレッシュなブドウで作った、出来たてのワイン。ボジョレーヌーボーは全世界一斉に、11月の第3木曜日の解禁日(今年2005年は11月17日)以降に飲めるようになるのです

解禁日を心待ちにして、届いたワインのコルクを開ける瞬間のワクワク!今年はどんなボジョレーヌーボーが楽しめるのでしょうか。

価格帯も2,000円から3,000円というお手頃な値段が中心なのも魅力。ボジョレーヌーボーならではの最高にフレッシュな味わいを、気軽な値段で気軽に楽しめます

さて、期待と心配の入り混じる今年のボジョレー・ヌーヴォーですが、
2005年は「桁外れに素晴らしいワインが期待される」と評判らしいです。
2005年のフランスは、記憶に新しいグッド・ヴィンテージ2003年同様、猛暑でしたが、ちょうど良い時期に葡萄にとって恵みの雨が降ったため、より果実が成熟し、凝縮したとのこと。
特にボジョレー地区が属するブルゴーニュ地方では、葡萄の出来が良いという報告も入っており、
今年のワインの出来が注目されています
今年のワインの出来をうらなう、新酒、ボジョレー・ヌーヴォー!とっても期待が膨らみますよね
同じワイナリーのワインでも、毎年、微妙に味が違います。
ワイナリーごとに年を追ってみるのも楽しみの1つなのです
久しぶりの更新です!
檜泥炭石 久しぶりの更新です。先週はホント忙しくて、何がなんだかわからない状態でした。11月の月初めはちょっと暇だったので、「今月は稼動の良かった10月の反動で暇になるかな~。」なんて思ってたら、第二週から結構忙しくなっちゃいました。ありがたいことです。今週もそこそこ忙しくなりそうです。このブログをご覧いただいているお得意様の中には、「忙しいなんて言いながら、しっかり当日販売の部屋も出してんじゃん!」とおっしゃるお客様もいらっしゃることと思いますが、『ギリギリまでネット販売を締め切らない!』が会社の方針でして…。何しろ『○横イン品川駅高輪口店が年間稼働率100%を達成できて、ときわに出来ない訳が無い!』が合言葉ですから…。毎日がハラハラ・ドキドキです。勿論、フロントスタッフの中でペンディングにしてたりするお部屋はあったりするので、ネット上で満室表示になっていても、お電話いただけると嬉しいです。(満室だと申し訳ないので、フリーダイヤルにお願いします。)
 さて、前回検討事項としてUPしてました『年末・年始の粗品』の件ですが、本日決定いたしました。『素肌すっきり洗顔石鹸 檜泥炭石』となりました。言ってみれば『地元』の静岡県は熱海市の会社の商品で、伊豆地方の温泉旅館さんなどのお土産コーナーなどで好評を博しているようで、口コミで全国にファンが広がっているようです。
ちょっと予算オーバーなのですが、私達スタッフ皆で試してみたところ、凄く良かったんで、「どうせならしっかりお使いいただけるものを…。」と思い、この商品に決定いたしました。アトピーにも良い(商品HPより)ようなので、安心してお使いいただけるかと思います。お荷物にならない小さなサイズですので、是非お持ち帰りいただいて、ご家族でお試しください。商品の原材料等の詳細は『檜泥炭石.com』HPにてご確認ください。


○横イン… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


年末の仕度
マイヤヒィ マイヤヒィ~♪マイヤフゥ~♪マイヤホォ~♪
マイヤハッハーーーーーー!!!
いきなりテンション高くてスミマセン。いやー、いま流行ってますよね~!『恋のマイアヒ』!!
最初はネットで出回っていたものだったのに、今や全国的に大ブーム!!今年の忘年会では日本中のサラリーマンがこの曲を歌いながら『飲ま飲まイェイ!!』するんですかね。「米酒だろ!!」なんつって。忘年会のご予約も頂いているので今から楽しみです。
今年も残り2ヶ月。あっという間ですね。つい先日までは蝉の鳴き声が聞こえていたかと思えば、もう年末。つい先日も、年末の大掃除に合わせて、玄関周りの簡単な塗装を業者さんに依頼したところです。年末というと、そろそろ考えなくてはならないのが、年末年始の『粗品』選びです。昨年はソーイングセットを選んで、主にリピート利用していただいているお得意様や、法人契約企業様にお配りしまして、概ね好評のうちに配布させていただきました。今年も既に選考に入っております!!予算は無いくせに「これはちょっとね~…。」なんて言いたい放題で選考しております。検討される側の業者さんにしてみればたまったものではありませんが、やはり折角ご用意するのですから、少しでも喜んでいただけるものを選びたいですよね。
こうご期待!!

国際色豊か?
インバウンド用案内 先週末から、海外からの団体様にご宿泊いただいておりました。中国・インド・イギリスからのお客様で、館内は国際色豊かでした。ときわでは、海外からのお客様に対しても、いわゆる“外人さん”という感覚での対応はしないように心がけております。同じ人間ですから、国内のお客様と同じように接するようにしています。それが、海外・国内双方のお客様にとって一番気兼ねなくお過ごしいただけるかと思っています。
 しかし、そこは『お国柄や言葉の壁』ってやつがありますから、画像のよな案内板を用意して、ご案内モレを防ぐように勤めております。今回は、英・中併記の案内板をご用意しました。過去の経験から、インドの公用語の中に英語が含まれていることは承知しておりましたから…。
中国語に関しては、ちょっと『文法的・言い回し的』に意味が通じるか心配でしたが、なんとかOKで、特に混乱も無く、スムーズなご利用をいただけました。
 ときわでは、団体様のご利用に限り、夕食のご用意も受け付けております。それは海外からのお客様に関しても同じで、今回も構成人員の多い中華料理をベースにご用意いたしました。…ところ、いわゆる想定内ではありましたが、インドからのお客様が、『牛・豚 不可』でした。そこで、インドからのお客様にはチキンと野菜のメニューに切り替えてご提供しました。インドは国土も広く、莫大な人口を誇る多宗教国家ですから、「牛・豚OKであって…!」という淡い期待もむなしかったですね。それでも、折角ときわに泊って下さるのですから、「お食事のご用意は出来ません。」なんていう無碍な対応は出来ませんよね。「なんとか召し上がっていただけるものを…。」とがんばりました。
 それから、日本のお客様にお詫びしなくてはならないことがございます。通常ときわでは朝食は『和定食』しかご用意しておりません。これは、少しでもスケールメリットを追求して、限られたコストの中で、最大限のおもてなしをしていく為ですが、今回のインドからのお客様のように、宗教上の理由から、お食事の制限のあるお客様に関しては、その限りではございません。今回、隠れメニューの『洋朝食』をご覧になったお客様もいらしたかもしれませんが、こうした理由ですので、お目こぼし頂けますようお願い申し上げます。


             ∩
                 | |
                 | |
        ∧_∧   | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (  ´Д`)//  < 先生! トゥ-トゥ-トゥ-マシェリって何語ですか?
      /       /     \____________
     / /|    /
  __| | .|    |
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||



ホテルときわ駅南店HP

女性のための総合情報サイト
「イーウィッシュ」
">
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。